株式会社第一金属製作所

会社案内Corporate Info

沿革

1970年(昭和45年)
埼玉県大宮市に於いて有限会社第一金属製作所を設立。
板金加工業務を開始する。
1981年(昭和56年)
NCTタレットパンチプレス1号機を導入。
1986年(昭和61年)
有限会社を株式会社第一金属製作所と改める。
1988年(昭和63年)
タレットパンチプレス2号機を導入。
1990年(平成2年)
工場拡大及び新事業所建設。
1991年(平成3年)
レーザー加工機導入。
1997年(平成9年)
ASIS100ネットワークシステム導入。
大宮市峰岸に資材センターを建設。物流部門を同所へ移転。
1998年(平成10年)
CNC三次元測定器導入。
1999年(平成11年)
パンチ・レーザー複合加工機導入。
2001年(平成13年)
ISO14001環境マネジメントシステム認証取得。
彩の国工場指定を受ける。
2005年(平成17年)
生産管理システム導入。
2007年(平成19年)
中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律等の9条第1項
の規定に基づき、埼玉県知事より承認を受け、経営革新計画
承認企業となる。
2008年(平成20年)
ISO9001品質マネジメントシステム認証取得。
新社屋完成。
パンチレーザー複合加工機 アマダEML-3510NT導入決定。
棚付素材供給製品搬出システムASR-48M導入
高精度ベンダー加工機HDS5020NT導入
2012年(平成24年)
中国ビジネス事業 本格スタート(合併会社 奉櫻精工)
最新悦パンチ・レーザー複合加工機LC2012C1NT導入
ベンダー加工機FMBⅡ3613導入
さいたま市CSRチャレンジ企業認証取得
2013年(平成25年)
YAGレーザ溶接機YLM-500PⅡ導入

組織図

代表取締役会長 代表取締役社長 専務取締役 CSR・BCP推進室 総務部 営業部 製造部  製造課  生産課 資材・業務部   資材・業務第一課  資材・業務第二課 品質管理部 ISО推進委員会 安全衛生責任者

ページトップへ