株式会社第一金属製作所

第一金属のこだわりOliginality

常に成長し続ける企業。100年続く企業を目指します。

第一金属のこだわり=ハイクオリティ

弊社は昭和45年に現会長である福田辰弥が金型板金プレス工場として創業した企業です。その後、高度経済成長期に、将来的な多品種少量生産への移行に備えNCタレットパンチプレス機を導入し、1ケの試作から数千個の金型量産まで多品種少量生産体制確立。精密板金加工から、量産の金型設計、プレス加工まで一貫した体制で、高品質、短納期、低価格対応をモットーにお客様のニーズに合った製品づくりを心掛けています。

当社の5の強みとは

特徴①

時流に即した新規開拓を繰り返し、事務機器(ADF)・複写機関連、駐車場・駐輪場関連装置、内視鏡関連機器(医療)、 遠心分離機(医療)、デンタルユニット機器(歯科)情報通信機器、半導体製造装置等々、毎月、大手上場会社9社(直接取引)を含む約50社様より注文を頂いております。

特徴②

精密板金加工のみならず、塗装、印刷、メッキ処理等アッセンブリーまで一貫して対応可能。

特徴③

仕事のムリ・ムダ・ムラを除き、仕事を効率化し、生産性向上、社員の意識改革の為、外部から複数の指導員を招聘し、
社員教育にも力を入れています。
ISO14001(2001年1月) ISO9001(2007年1月)も取得しており、国際的な品質基準をクリアしています。

特徴④

常に新しい商品や、サービスの創造を目指し、これまでも金属加工技術を生かしてアウトドア用のテント向け排水や浴槽内のゴミ除去装置といった自社ブランドの開発にも力を注いで参りました。
また、新エネルギー産業技術総合開発(NEDO)の「福祉用具実用化開発助成金」の交付を受け、「エジクン技研」社と協同で上肢不自由者用ポインティングデバイス「フット用マウス」を開発し、中小企業総合事業財団から元気印中小企業として紹介されました。

特徴⑤

上海工場からアウトインが可能です。程通(上海)との合弁企業「奉櫻(上海)精工有限公司」を立ち上げました。開発・設計・試作から処理(メッキ、塗装)組立まで一貫して社内で構築できる企業として、世界中に発信していきます。上海工場は浦東空港から約45分(送迎あり)。本社工場より総合管理責任者、技術者2名現地常駐しております。

技術情報

顧客が求める高精細、高品質のモノづくりを実現させるために欠かせないのが、先端設備の導入です。24時間、自動化による運転を実現。国内屈指の工作機械メーカー:アマダ社の「EML3510NT」を導入し、パンチ・レーザー・タップ加工まで複合的な対応が可能となり、生産性向上が実現致しました。

さらに、同じくアマダ社の「LC2012C1NC」を導入、ブランク工程における時間ロスを解消。難易度、精度の高い「曲げ」を、ネットワーク対応型高性能ベンディングマシンを始めとしたベンダー加工設備を整え、多品種少量生産に対応しております。

最終的な製品の「良し悪し」を決めるのは、溶接、仕上げ工程です。 熟練の経験豊かな職人達による各種溶接(ティグ溶接・ミグ溶接・スポット溶接・スタッド溶接・YAG溶接)を行い、外観仕上げはサンダー仕上げにより丁寧な研磨を心掛けております。

また、納期は重なって当たり前。顧客が求める納期にいかに対応するか。毎週月曜日AM8:30~社長を交えて各部署のリーダーミーティングの中で、 週間納品計画の情報交換、情報共有、設備力を駆使した加工技術提案(VA/VE提案)の意見交換を毎週実施し、様々な加工プロセス提案を行っております。

品質情報

製造現場への注文書(作業指図書)には必ず最新図面を添付し、各セクションのオペレーターが図面の板厚、材質と照合、ノギスやハイトゲージ等検査工具を使用し、時には0.01台まで求められる図面公差に対応。超精密な部品加工を行っております。
加工完了時には、最終的な完成度の精度を図る為、3次元測定器で測定し、顧客の求める品質確保に努めております。
さらに、ISO14001(2001年1月) ISO9001(2007年1月)も取得しており、国際的な品質基準をクリアしています。

≪認証取得の一例≫
■彩の国指定工場
■「技能賞」(精密板金製品技能フェア)
■1級工場板金技能士 4名
■2級工場板金技能士 3名
■1級数値制御タレットパンチ技能士 3名
■2級数値制御タレットパンチ技能士 2名
■ISO14001(2001年1月)認証取得
■ISO9001(2007年1月)認証取得
■経営革新承認企業(2007年)
■さいたま市CSRチャレンジ企業認証取得(2012年)認証

また、CSR目標を掲げCSR活動にも力を注ぎ、さいたま市よりCSRチャレンジ企業認証取得(2012年)致しました。

【当社のCSR目標】
●顧客満足、環境・品質意識を向上させるためにより一層従業員教育の充実を図ります。
●また、経営革新承認企業として、中小企業ならではの独自性・技術力を活かし、挑戦的姿勢で企業価値を高め、勝ち残りを目指します。
●加えて企業内外、地域社会における「守る」CSRと「伸ばす」CSRを、今以上にステップアップさせ、CSR経営に意欲的に取り組み、地域社会の活性化を図って参ります。

【当社のCSR活動】
●地球環境の保全が最重要課題であると認識し、医療器、コンピューター周辺機器、通信機、コピー機等の精密板金加工及びアッセンブリー業務において不良の発生防止を第一目標にして、 省エネルギー、省資源に努め、環境負荷の低減を目指した企業活動を行っております。
●この企業活動を通じて地域社会との信頼関係を深める事を基本概念としております。

加えて、自社的にBCP策定に取り掛かり、同業他社に先駆けBCPを策定致しました。 (事業継続計画)災害発生時における従業員の安否確認方法・避難経路、得意先への供給責任などを規定致しました。

清掃活動の様子

さいたま市清水市長ご来社

第一金属のクオリティLook For Daiichi

ページトップへ